静岡へ

静岡へ引っ越す身内の荷物運びでアテンザを出した。

出る前に抗原検査キットで検査し、陰性をチェック。
これは引っ越し先へ入室する人は全員チェックすることが条件だった。

cのみなので陰性

引っ越し先までは約140km
コロナで長距離走らなくなってから久しぶりの長距離。

厚木南ICから東名に乗り、途中足柄SAで休憩。

足柄SAを出て、新東名へ。

あ、120Km/h 制限だ。
この速度まで出せると気持ちいいね✨
半面、何かあったら大事故だなぁっと💧

清水ICで降りて、引っ越し先へ。

荷物を降ろし、荷物を配置し、配達される荷物を待ち、で、

三保の松原を見に。

で、戻り、家電関連の設置し、帰路へ。

帰りはGoogleさんの言う通り、新東名を使わず、透明で、再び足柄SAでらーめんを食べて帰った。

久しぶりの長距離、疲れたが、楽しかったな。

HIDバラスト交換

ヘッドライトの右が点灯しないことがあり、バラストを左右交換したたところ、左が点灯しないことがあるようになったため、バラストが問題と判断、バラストを1つ購入し、交換した。

バラスト単体で購入
2019年2月製 から 2020年11月製 に交換かな?

約1年半で交換。保障期間が切れると壊れる確率が高くなるのでは?
と思いたくなる。

補修失敗

バックウィンドモール(荷室ドアガラス両サイドのゴム)が一部剥がれ、張り直したが、いつの間にか紛失💧

というわけで、市販品で代替を試みた。

しかし。。。

閉めると、ゴムがはみ出る💧

純正を手配する方向にしよう。

バックウインドモール

昨日バックウィンドモールをDラーに依頼したところ、返事があり、1525円+税で手配できるとのことで発注してもらった。

この返信で取り付け作業もする場合連絡を、となっていたので、一応メールで聞いてみた。

すると、直接担当者から電話が。

調べたらガラスを外す作業が必要で諭吉単位の作業費用がかかるとのこと。

数年前に反対側のバックウィンドモールを自分で再貼り付けした経験があり、そこまでしなくても交換できるこが実証されている。

というわけで、部品だけ手配してもらうこととにした。

作業は今度の土日だな。

補修部品の見つけ方

垂れているゴムを入手したい

この写真のゴムの部分をなくしてしまった。

で、これを入手したいと思い、部品型名を探してみた。

最初はこの部品が付いている「リアゲート」、「リアドア」、「rear door」「back door」等で検索したがいまいちヒットしない。

最終的にMazda 6 – service repair manual 2002 yearが見つかり、P.287で「LIFTGATE」であるこが判明。

今度はこのキーワードに「Weather Strip」や「mould」で検索。

で、海外のパーツショップのページで発見。

型名は「G21B-50-613C」であることが判明。

これで調査すると、モノタロウに存在。

この検索に数時間かかったが、以外と探せるものだなと。

ちなみに、モノタロイでは個人には売らない商品だったため、結局、Dラーに依頼となった💧

アルミホイールを売る!

アルミホイール(MSアテンザ純正18インチ 10kg/本)を車整備工場で廃棄すると1000円/本かかると言われ、売る方向で調査したところ、アルミとして売ることができることが判明。

複数のリサイクル業者に問い合わせした結果、

A社 155円/kg(1550円/10kg)
B社 124円/kg(1240円/10kg)
C社 18インチは700円

であったため、A社の大西金属株式会社に決定し、ホイールをアテンザに積んで、売りに行った。

初めてだったこともあり、成り行きに任せることに。

とりあえず、到着すると、前の道で待たされた。
なぜ待たされるのかわからなかった。

しばらくすると、中へ通され、アルミホイールを下した。

このホイールを従業員が持って、敷地の端っこどんどん運びだしていく。
あれれ?もしかして捨てて終わりってことになってるんじゃ💦
と、従業員に「買取りお願いします」と声をかけた。
すると、「車を道に戻して、事務所へどうぞ」と。

???重さ、測ってないよね???

疑問が晴れないまま、事務所へ。

この時気付いた、重量を図る装置に車を乗せたってことね💡
ブツを下すことで、重量差分から算出か。
で、最初はそれが空くのを待っていたことね💡

それと想定外のうれしいことが2つ
・消費税が上乗せされて6,820円😲
・缶飲料を頂く(⌒∇⌒)

ガリ傷でボロボロのホイール、廃棄した場合-4,000円だから、差額は10,820円。良かった😊

愛車を自分色にカスタマイズ