キーホールカバー

キーホールがむき出しで残念な感じだったので、カバーを作ってみた

金属むき出し

基本的にはレジンを使用することとし、必要な時に取り外しが簡単なようマグネットを利用し作成することとした

金属部分に磁石が付くのはラッキーだった

使った道具

  • Zaro UVライト ネイルドライヤー 42LEDS
  • パジコ UVレジン ソフトモールド 半球 404176
  • PC+インクジェットプリンタ
  • オルファ(OLFA) アートナイフプロ 157B

使った部材

  • REJICO UV-LED対応 レジン液 25g ハードタイプ
  • 100均に売ってた黒レジン液
  • 丸型ネオジウム磁石 15mm x 1mm
  • インクジェットプリンタ用用紙(普通紙 or 写真用)

カバー紙作成

お絵描きソフトやExcelで直径 15mm の円にプジョーのロゴ等を配置したものを印刷する

写真用紙に印刷

写真用紙のほうが普通紙よりキレイに出力されるが、最終的に出来上がったものは普通紙のほうが好みだった

普通紙の場合、裏の磁石の銀色が透けてロゴが金属っぽくなり、立体的に見える

磁石を被せその周りをカット
このナイフ初めて使ったが素晴らしい

レジンで作成

ソフトモールドの半円28mmを使用する

レジン(透明)を一滴ずつたらし、カバー表側を作成

15mmより少し大きめに

この上にカバー紙をそっと置く

空気が入らないように(コツ不明💧)

UVライトで焼く

2~3分だったかな

磁石を置く

下から見ながら、真ん中になるように

追加のレジン(黒)を一滴ずつたらし、裏側部分を作成

あまり多く(厚く)すると、磁力が弱まり取れやすくなる

↓こんな感じになる

黒レジンを使ったが意味があったか不明

UVライトで焼く

完成

左が写真用紙、右が普通紙

これをキーホールに乗せればくっつく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です