LINE

アプリのLINEでなく、LCD(ili9341)用LINE関数を作る必要がでてきた

タッチスクリーンの調整のため、調整位置に線を引くため

水平、垂直の直線でいいけど、せっかくなので、任意の2点間直線用のLINE関数を作ることに

2点を含む長方形を全アクセスするのは簡単がが、処理コストがかかる

そこで、直線を適当に区切り、複数の長方形で描画することにした

わかったこと

LCDへの描画はX軸の開始、終了を指定するコマンド(2Ah)とY軸の開始、終了を指定するコマンド(2Bh)でそれぞれの範囲を囲む長方形の領域が一回のコマンド(2Ch)で出力される

この開始、終了が開始>終了の指定ができれば処理が簡単になるが、残念ながら開始>終了で指定すると、開始のみ有効となった

さて、今日はLINE引くところまでやろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です