アクションカメラ

Crosstour社 アクションカメラCT8500(4,980円 2019年9月購入)

装着するためのパーツが多く、うまく取り付けできた。
いくつか問題点はあるが、事故や走行の記録といった目的は満たしている。

使用しているSDカード(TS32GUSDHC10V、2,349円)は32GB。
1080P(60fps)で約3時間録画できた。

問題点

  • ファームバージョンが3.2.0.1だと、再生音が小さい。
    →これは後述のファームアップで改善
  • 電池入れ替えや電池切れで時刻再設定が必要。
    →電池切れ前に充電できる環境があればいいが
  • ボタン配置が悪く、ホルダーに設置するときにボタンを押してしまう。
  • 4Kとあるが、期待するほど綺麗ではない。

ファームアップ

サポートへ下記メール問い合わせることで、ファームを送ってくれる。

  • 宛先;support@crosstour.co
  • タイトル:「CT8500の再生音が小さい」等
  • 本文:アマゾンの注文番号と障害内容

返信されたファイルでファームアップ
返信メールに手順があるが、いろいろ分岐があってわかりにくい。
で、見直した手順は下記の通り。

  1. 送られたファイルは圧縮形式(rar)となっている。
    ファイル例:CT8500_3.2.0.3-A_20191204日文_声音大.rar
  2. 解凍ソフト(7z等)でファイルを解凍する。
    解凍例:SD_CarDV.bin
  3. パソコンにUSB接続し、[ディスク]を選択する。
  4. ファームウェアをSDカードにコピーする
  5. USB接続からカメラを外す。
  6. 電源が切れている状態から、電源を入れる。
  7. 自動的にアップグレードされる。(1分ほど)
  8. 電源が切れたら、SDを取り出す。(★ここがポイント。)
    入れっぱなしだと自動アップグレードに戻ってしまう。
  9. 電源をオンにする。
  10. 設定でファームウェアバージョンをチェックする。
    (電源ボタン7回→上ボタン1回→OKボタン)
  11. パソコンにUSB接続する。
  12. SDカードを入れる。
  13. [ディスク]を選択する。
  14. SDカードからファームウェアを削除する。
  15. USB接続からカメラを外す。

WiFiからの設定変更

このカメラにWiFi接続すると設定変更ができる。

  1. カメラ右サイドの上ボタンを押す。
  2. カメラに表示されたSSID/PWDでPCやスマホからWiFi接続する。
  3. 下記URLで設定を確認する。
    http://192.72.1.1/cgi-bin/Config.cgi?action=get&property=*
    (設定名がわかっている場合、*を設定名に置き換える)
  4. 下記URLで設定名と設定値を指定して設定変更する。
    http://192.72.1.1/cgi-bin/Config.cgi?action=set&property=設定名&value=設定値
  5. 例)下記は解像度を1080x60fpsにする場合。
    http://192.72.1.1/cgi-bin/Config.cgi?action=set&property=Camera.Menu.VideoRes&value=1080P60