高齢者

いつも時期を逸していた紅葉をちゃんと見ようと、高齢者を誘って箱根に行ってきた

行きも帰りも東名でスイスイ、紅葉も見られ、気持ちよくドライブしてきた

箱根公園→箱根美術館→仙石原「穂し乃庵」→ポーラ美術館→相原精肉店

箱根公園・箱根美術館

箱根口から富士屋ホテルまでは渋滞だったが、箱根をゆっくり観光している感じで良かった

箱根公園に駐車し、はじめて高齢者を乗せたときの気遣いが必要だということを経験

杖が必要になっていて、ドアを広く開けてあげる必要があった

駐車場は広いところに停めるか、事前に降りてもらう必要があると

箱根公園が登りながら見るのも杖をついて登ることになるので、これもできるだけ階段のないルートを選ぶ必要がある

箱根美術館は初めて行ったが、想像通りで何度も行く場所では無い感じ

下るときに再度、高齢者の手荷物を持ってあげる気配りが必要なことに気づく

杖をついているということは片手がふさがっているということ

結構大変なはず。自分も事故で松葉づえをつかったことはあるのでわかる

穂し乃庵

「田むら銀かつ亭」を予定していたが、50組程の順番待ちであきらめ

車乗り始めて箱根に行くようになった昔から気になっていた蕎麦屋「 穂し乃庵 」へはじめて行ってみた

見た目は小ぎれいなんだけど、室内はそうでもないのと、味は普通、無愛想な店員がいたりと、見掛け倒しで残念

もう使わないお店に決定

そうそう、千石原の無料駐車場もあるけど高齢者を歩かせるのもと思い、仙石原向け駐車場に停めた

最初から店決めていればお店の駐車場もあったから500円損したし歩かせずに済んだな💧

ポーラ美術館

帰るには若干早かったので、もう一つ美術館へ

以前ここの駐車場停めたとき、狭いことがわかっていたので、駐車ゲート通ったところで、高齢者を下した

駐車して戻ったところ、どうも身障者用駐車場へ案内しようと誘導員がダッシュで追いかけてくれていたらしい

そうか、身障者用駐車場をこの場合使っていいのか💡

というわけで

今度から高齢者を乗せるときの気遣いをはじめて経験した箱根だった

そして、出発時の事件の確認は明日へ😁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。